So-net無料ブログ作成

井上芳雄2014年を振り返る [舞台]

井上芳雄さんが2014年を振り返っている雑誌記事を読ませていただきました。

井上芳雄さんの2014年は4本の舞台に出演されているんですよね。

まずは蜷川幸雄さん演出のストレートプレイ
「冬眠する熊に添い寝してごらん」でした。

井上芳雄さんは2003年の蜷川ハムレットにご出演されています。
当時、相当蜷川先生にしぼられたことが記憶に残っているようで、
今回の稽古中に蜷川さんから「うまくなったな」と言われた言葉が
非常にうれしかったと語られています。

それ以外の去年の出演作3本は再演なんですよね。

「ダディ・ロング・レッグズ 足ながおじさんより」
「シェルブールの雨傘」
「モーツアルト」

と、続きましたが、一本目の蜷川作品の充実感を感じた
その流れで再演3本をこなすことができたと話されています。

やっぱり1本の作品は、その後の作品に影響するんですね。

そして2014年の心残りについては。

「StarSで大きなか集えがなかった」ということだそうです。

やっぱり。
そうですよね、去年は「StarSのオールナイトニッポン」ぐらいでしたからね。

井上芳雄さんは「解散していないということをアピールしたい(笑)」と
話されていました。

今年は、バーンとStarSでの大きな仕事を期待したいですが、
3人のハードスケジュールを考えると難しいかも知れないですね。

2015年、またまた素晴らしい舞台と歌声を期待いたしましょう。


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます