So-net無料ブログ作成

井上芳雄2014年を振り返る [舞台]

井上芳雄さんが2014年を振り返っている雑誌記事を読ませていただきました。

井上芳雄さんの2014年は4本の舞台に出演されているんですよね。

まずは蜷川幸雄さん演出のストレートプレイ
「冬眠する熊に添い寝してごらん」でした。

井上芳雄さんは2003年の蜷川ハムレットにご出演されています。
当時、相当蜷川先生にしぼられたことが記憶に残っているようで、
今回の稽古中に蜷川さんから「うまくなったな」と言われた言葉が
非常にうれしかったと語られています。

それ以外の去年の出演作3本は再演なんですよね。

「ダディ・ロング・レッグズ 足ながおじさんより」
「シェルブールの雨傘」
「モーツアルト」

と、続きましたが、一本目の蜷川作品の充実感を感じた
その流れで再演3本をこなすことができたと話されています。

やっぱり1本の作品は、その後の作品に影響するんですね。

そして2014年の心残りについては。

「StarSで大きなか集えがなかった」ということだそうです。

やっぱり。
そうですよね、去年は「StarSのオールナイトニッポン」ぐらいでしたからね。

井上芳雄さんは「解散していないということをアピールしたい(笑)」と
話されていました。

今年は、バーンとStarSでの大きな仕事を期待したいですが、
3人のハードスケジュールを考えると難しいかも知れないですね。

2015年、またまた素晴らしい舞台と歌声を期待いたしましょう。

井上芳雄のインコとは? [プライベート]

フジテレビの番組「ごきげんよう」で俳優・井上芳雄さんが話した「インコ」が話題にのぼりました。
やっと放送のVTRを見ることができましたので、今更ですが書いています。(笑)


おかめインコを飼っていて、名前は「まるちゃん」。
インコのためにアメリカ行きを断ったという話もあるそうです。すごい!
芸能界でも屈指のインコ好きですね。


ちなみに爆笑問題の太田さんやキャシー中島さん、にしきのあきらさんなどもインコを
飼われている(いた?)そうです。
いつか共演してテレビでインコトークなんかも聞いてみたいですね。


井上芳雄さんは1979年7月6日生まれで福岡県福岡市出身。
西南学院高等学校、東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業し、
その後、ミュージカルを中心に活動。


このプロティールの中で、いつ「インコ」との出会い、いつ「インコ」に魅了されたのか
不思議ですね。


そんな井上芳雄さんですが、先日2015年6月13日(土)から上演される、
ミュージカル『エリザベート』の主要キャストに抜擢されたことが発表されています。
黄泉の帝王トート役を、井上芳雄と城田優がWキャストで務めることが決まり、
「一体どんな演技を見せてくれるのか?」演劇ファンからも注目されています。




井上芳雄cd視聴いたしました [CD]

井上芳雄さんの新しいcd「井上芳雄・ミーツ・ディズニー~プラウド・オブ・ユア・ボーイ~」を
ようやく視聴させていただきました。





cdショップでどのように陳列されているかも見てみたかったので、
ネットショップで購入することなく、何軒かお店を見て回ったのですが、
売ってなかったんですよね。残念です。


結局、楽天ショップで購入。無事手に入れることができました。
今更ですが、楽天やアマゾンなどのネットショップは本当に便利ですよね。
全国どこへでも最短で届けてくれます。私も申し込んで当日届きました。


さて、【井上芳雄cd視聴】についてです。


まず井上芳雄さんの歌声の前に、
ディズニーっと本当に名曲が多いですね」という印象です。


cd4曲目に収録れさている映画「トイストーリー」からの
You've Got a Freiend in Me (邦題君はともだち)など、
「ああ、この名曲あったなあ」と思い出しました。


よくこんな名曲を集めましたね。
このcdの選曲・構成をされている演出家小林香さんの力でしょうか?
はたまた井上芳雄さんのアンテナでしょうか?


いずれにしましても、ディズニーの名曲がたっぷり詰まった名盤cdとなっています。


これは井上芳雄さんのファンでない方、特に井上芳雄さんをあまり知らない
ディズニーファンの方に是非視聴して欲しいcdとなっていると思います。


さて、cdの中でも私が一番楽しみにしていました楽曲
Let It Go (アナと雪の女王)について視聴した感想です。


率直な感想として驚きました。


「イディナ・メンゼル」でもなく「松たか子」でもなく「MayJ」でもない、
「LetItGo」が完成されていました。


また驚くことに「井上芳雄さんが歌うLet It Go」でもなく、
上手く言えないですが、「新しいLrt It GO」の音となっているではありませんか。


井上芳雄さんの「声」の音圧がスピーカーからビンビンくる「LetIt GO」。
これは視聴に値する一曲だと思います。


7曲目と13曲目(ボーナストラック)の2ver収録されていますが、
7曲目のverの【Let It GO】です。


今回の「井上芳雄cd視聴」の中で、もっとも他人に伝えたい名曲の一曲に
仕上がっていると思います。
是非ともご視聴くださいませ。




さあ、このcd引っ提げてのスペシャルコンサートです。


YOSHIO INOUE sings Disney~One Night Dream!


一夜限りのスペシャルコンサート
2015年2月18日(水) 夜7時開演  東京国際フォーラムA


出演はもちろん井上芳雄さんとゲストに坂本真綾さんが登場されます。
カウントダウンジャパンにも登場する実力派の声優・歌手の坂本真綾さんの登場ですから、
また新しいファンの獲得ができそうですね。


二部構成のコンサートだとか、一部ではディズニーの世界の朗読もあるということで、
THE井上芳雄の世界を展開してほしいです。



【井上芳雄cd視聴】から、【国際フォーラムのコンサート】へと夢が膨らみます。






井上芳雄 出待ちの気分で [メディア出演]

2015年明けましておめでとうございます。
今年もこのブログを何卒よろしくお願いいたします。

劇場の前で井上芳雄さんを出待ちしている気分で、
今年もこのブログで井上芳雄さんのご活躍について綴っていきたいと
思います。
何卒ご愛読の程、よろしくお願いいたします。

さあ、1月1日から井上芳雄さんは、テレビ出演されました。

「ウイーン・フイル ニューイヤーコンサート2015」

今年の指揮者は5度目の登場 巨匠・ズービン・メータ氏でした。
私はクラックについてはあまり詳しくはないのですが、
お正月に静かにクラシックを聞くというのも非常にいいですよね。

テレビの「お笑い」に飽きてしまっている私世代には
ぴったりなのかも知れません。

今年の「ウイーン・フイル ニューイヤーコンサー」スタジオに井上芳雄さんと、舩木篤也さんが
ゲスト解説として登場されていました。

やっぱりNHKのEテレですから、井上芳雄さんのいつもの弾けるトークはすこし抑えめでしたが、
それはそれは良かったですよね。

途中で、曲名を『演歌っぽい・・』とおっしゃっていした。
井上芳雄さんらしさが垣間見えた瞬間でしたね。

「“ウィーンの朝・昼・晩”序曲」フランツ・フォン・スッペ作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ズービン・メータ

「ワルツ“オーストリアの村つばめ”」
ヨーゼフ・シュトラウス作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽
(指揮)ズービン・メータ

「アンネン・ポルカ」 ヨハン・シュトラウス作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ズービン・メータ

「美しく青きドナウ」 ヨハン・シュトラウス作曲
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ズービン・メータ

このあたりが、私の好きな演奏でした。

何せ私はクラシックについては疎いものですので、
「そうじゃじゃないんだよね」と言わないでくださいね。(笑)

さあ、2015年もスタートいたしました。

まずは、2月1日~15日の「SHOW-ism Ⅷ ユイット」ですかね。
今年も井上芳雄さんのご活躍を、まるで出待ちの気分でおっかけます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます